面接で見極めるのは働き手も同じ

 転職を多数経験している中で分かった事があります。数回も転職をすると、地に足をつけた仕事を、していないと思われがちですが、経験として転職を重ねることも十分にメリットだと思っています。いろいろな会社で、トップの方と面接したりするだけで、学べることが沢山あります。自分より年下でも、素晴らしいビジョンで仕事している方も多く、刺激を沢山たくさん貰いました。また自分に足りないものに気づくチャンスもあります。もちろんマイナス面を感じ事もあります。

 

 会社に取っては、能力より、普通に仕事をして、普通に仕事をこなす、人材さえいればいい、という会社も多いです。面接を受けてみると、自分のスキルや能力が本当に、この会社で活かせるのか不安になる事も多かったです。会社にとっては、そうなのでしょうが、働き手にとっては夢がありません。その辺で、会社と、働く側のすれ違いが生じるような気がしますね。もちろん素敵な会社も多いので、今の仕事に不満があり、転職を選ぶ事は素晴らしい選択だと思います。しかし、素晴らしいと思える、会社に入れるかは、実際に働かない限り見えてこない事も事実です。会社が面接で私達をみるように、面接される側も、面接の中で会社を見極める事が、失敗しない転職に大事なことではないでしょうか。不況の中で就職も厳しいですが、自分の信念を捨てずに理想の転職を、できるように頑張りましょう。