3つから成る転職活動のステージ

 自分の天職を追い求めて転職を決意する方がいます。長い社会人人生をトータルで考えた場合、会社に就職することは受験戦争・就職活動からのゴールであるだけでなく、新たなスタートの始まりです。就職してからも努力をし続けて会社内でそのスキルを発揮し自分の立場を良くしていくというのが目標です。一生同じ会社で終わわることができればそれはそれで素晴らしいですが、転職は、より良い職場を探すチャンスでもあります。転職活動は、自分探し、自分のスキルの見極め、そして実際の転職活動の3ステージから成ります。まず自分探しですが、今の会社は学生時代の自分の価値観・スキルから判断したものです。今はいかがでしょうか。より大きい視野で社会を見ることができているでしょう。

 

 次に、自分のスキルの見極めでありますが、自分探しでやりたい仕事が見つかったら、今のスキルで大丈夫か、資格を取る必要はあるかを判断します。必要であれば転職活動の前に資格取得を行います。そして、ここまで準備が活動したら、転職活動で実際に面接に行ったりします。転職活動は自分に自信を持っていくことが大切です。前の2ステージでしっかりと活動が行えている方は何も焦る必要はありません。良い結果が見込めるでしょう。転職は、いつでも可能ですが、より若い20〜30代のうちに行うことをオススメです。勝負となる40代での転職では、なかなかあなたの思い描くポストに着くことは難しいかもしれません。転職を決意した方の成功を祈ります。